ソニー不動産の売却査定の特徴や、口コミ・評判まとめ。

不動産一括査定サイト一覧

【無料一括査定はこちらから】
ソニー不動産

ソニー不動産は、電化製品で有名なSONY(ソニーグループ)の子会社です。ソニー不動産が直接仲介を担当します。

国内初の「エージェント制度」を導入していて、原則として片手仲介のみの契約なので、売り主に有利になるよう売却活動を進めてくれます。

デメリットは、利用できるエリアが1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に限定されていることです。

片手仲介の片手とは?

片手とは、不動産売買における媒介報酬(成約報酬・仲介手数料)を売主側・買主側の片方から受領するケースを表す用語です。片方から手数料を受領するという略です。

ソニー不動産の売却査定の特徴

売主に不利な「両手仲介」がない

ソニー不動産が他の業者と大きく異なる点は、「原則両手仲介を行わない」という点です。

業者側が両手仲介を狙うことで、下記の様な問題が生じる可能性があります。

・物件の売却価格が下がる
・物件の囲い込み*1が発生する
・物件情報が正しく開示されない

物件の囲い込み*1とは?

売却物件の仲介を依頼された不動産会社は仲介手数料が収入源です。 その手数料を売主と買主の双方からもらうために不動産会社が売却物件を自社で抱え込み、他社には紹介しないという「囲い込み」は、売主に対する背信行為です。

片手仲介になることは多いですが、仲介会社に依頼した場合、ほとんどは仲介業者は自社の利益を考えて、両手仲介から狙われてしまうことが多いです。

しかし、ソニー不動産は「片手仲介」が基本なので、両手仲介のリスクがなく、安心して売却活動を進めることができます。

両手仲介が行われた場合の売主の損失は、物件によりますが百万円単位に及ぶこともあるので注意が必要です。

個別相談が無料でできる

ソニー不動産では、直接エージェントに相談できる個別相談会に申し込むことができます。自宅や近所のカフェなどにエージェントを呼んで、物件の販売戦略を相談できます。

その時に、営業マンの人柄を確認できます。

対応地域が少ない

デメリットは、サービス対象エリアが1都3県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)しかないという点です。

購入、賃貸、リフォームの相談にも対応している

ソニー不動産では、不動産売買以外に、賃貸やリフォームなども取り扱っています。

たくさんの賃貸仲介業者と連携して借主を探すので、物件情報が広く行き渡り、空き家リスクが低くなる傾向にあります。

また、売却や賃貸のリフォームの相談も受け付けています。投資用物件や中古マンションのリフォームを検討している人は、売却の相談と同時に相談する事もできます。

ソニー不動産の売却査定の口コミ・評判について

・1ヶ月で決まったので満足です。他の複数見積もりもしましたが、その中では高い金額提示ですし実際その付近で売却できたので。あくまで不動産は個別の要素も多いかと思いますが。

・業界にとっては悪、消費者にとっては善という会社です。大手の不動産会社の友人も自分が利用するならソニー不動産と言っていました。

・絶対やめた方が良いです。ネットに情報を登録するだけで、何もしません。最初の査定は高く見積もって、どんどん下げさせられます。両手取引の不動産屋の方が親身に対応してくれます。

・はっきり言って素人です。ほとんど丸投げで売るための努力をしていると思えません。専任契約期間が無駄でした。

・本当に片手なんですか。提携不動産会社との関係がわかりません。

・考え方はヒトそれぞれ。大手の三井や野村が良いと思えばそっちにお願いすればいいし、ソニーのやり方が良いと思えばソニーにお願いすればいい。ただただそれだけ。

良い口コミも悪い口コミもあります。

まとめ

1都3県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)物件を持っている人は、チェックしておくべき不動産査定サイトです。

【無料一括査定はこちらから】
ソニー不動産

 

コメント